品川歯科医院

補綴歯治療

補綴歯治療とは?

「補綴(ほてつ)歯科」とは、歯が欠けたり、無くなったりした時に、クラウンブリッジや入れ歯など人工の歯で補う治療法のことです。歯を失った方への義歯、ブリッジおよび歯の歯冠修復により、機能的・審美的処置を専門としてい ます。

このような症状はありませんか?

  • 歯が義歯がゆるい、義歯安定剤をよく使う。
  • 義歯が痛い、あたる。
  • 義歯が噛めない、または噛みにくい。

一人ひとり、お口の中は違います。

患者さまのご希望とお口の状況を総合的に診査診断し、義歯などの補綴の治療を丁寧に行います。

その際、歯科医師自身がその症例に合った方法、材料を判断しながら、自身により印象採得(型採り)から技工(製作)ま行っていくことにより、精度が高く、満足度の高い補綴処置を可能にしております。

ケース別の補綴歯科のメリット

  1. 奥歯が欠損しているケースでは、良く噛めて美味しく食事ができるようになる!
  2. 前歯が欠損しているケースでは、見た目が美しく回復できる!
  3. 欠損により発音機能に問題があるケースでは、発音を改善できる!

補綴歯科の治療法

クラウン

クラウン

虫歯などにより歯の一部が欠損した場合や、根管治療後の歯を強化して長持ちを計る場合に用いる歯のかぶせ物です。

欠損ケース:
歯の一部の欠損の場合

ブリッジ

ブリッジ

両脇の歯を土台にして、人工の歯を橋のように架ける方法です。歯が1~2本なくなっても、その両脇の歯がしっかりしているときに行います。

欠損ケース:
1~5・6本の場合

部分床義歯

部分床義歯

むし歯や事故などで歯や歯を支える骨の一部がなくなった場合、 そのなくなったところを補う装置です。これによって形態や見た目の不良を回復し、食事やしゃべりやすさ、審美性を改善するものです。

欠損ケース:
1~13本の場合

全部床義歯(総入れ歯)

全部床義歯(総入れ歯)

上顎または下顎のすべての歯を失った方(無歯顎者)のための入れ歯のことです。総入れ歯、あるいは総義歯、全部床義歯といいます。

欠損ケース:
14本の場合
(上の全ての歯・下の全ての歯)

総義歯に関して

当院は特に下顎において、長い年月をかけて、歯茎の状態が平らに近い状態になった患者さんに対し特殊な型取りの方法を行っています。技工士さんと綿密に連絡をとりながら技工の形態を決定しています。かなりの割合で満足していただいていると自負しています。下顎の総義歯でお困りの方は、是非!お試しください!

メニュー

北海道旭川市忠和五条6-2-14
  • ご予約・お問い合わせはこちら
Copyright(C) 品川歯科医院 All rights Reserved.

閉じる

診療科目